×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最近死去した野球関係者

2004年 現役時代の所属球団
01.10 日下 章 76歳 ポジションは外野手。弟は育英高校を甲子園優勝に導いた元近鉄日下隆 51-56タイガース
1.25 白木 義一郎 84歳 戦後初の東西対抗戦にも出場。46年最多勝利。47年最優秀防御率 46-51セネタース・東急・急映・東急52阪急
5.4 新治 伸治 62歳 プロ野球史上初の東大卒 65-68大洋
5.17 鈴木 貴久 40歳 4年連続20本塁打を記録。 85-00近鉄
6.27 鈴木 武 72歳 通算盗塁数246。54年盗塁王 53-60近鉄60-63大洋
7.1 高畠 導宏 60歳 7球団で30年近く打撃コーチを務める。 68-72南海
11.19 トラックスラー 37歳 三番打者としてぼちぼち活躍。愛称はコロコロちゃん 94ダイエー
11.23 石床 幹雄 57歳 阪神の初代ドラ1 66-70阪神
12.22 ダグ・オルト 54歳 三割を打ちそこそこの活躍をしたが解雇された元阪神の選手 81阪神
2005年 現役時代の所属球団
1.2 本多 逸郎 73歳 54年中日優勝メンバー。55年盗塁王 50-65中日・名古屋・中日
1.8 大島 信雄 83歳 初代セリーグ新人王。 50-51松竹52-55中日
2.4 サンチェ 51歳 86年は巨人のストッパーを務める 86-87巨人
2.6 皆川 睦雄 69歳 68年30勝達成。通算221勝。通算防御率歴代12位 54-71南海
2.16 河村 英文 71歳 西鉄黄金時代の中心投手。 53-59西鉄60-63広島
3.1 木村 保 70歳 57年パリーグ新人王投手 57-63南海
3.21 佐藤 孝夫 73歳 52年セリーグ新人王。この年の45盗塁は小坂誠に抜かれるまでは新人記録 52-63国鉄
4.13 福士 敬章 54歳 在籍した3球団すべてで優勝を経験。韓国では1年目に30勝をあげた。 69-72巨人 73-76南海 77-82広島
4.13 ブレイザー 73歳
4.27 大社 義規 90歳 元日本ハム社長 -
5.10 今久留主 功 79歳
5.12 田中 尊 69歳
5.17 池田 純一 59歳
6.27 遠井 吾郎 65歳
7.5 山崎 善平 79歳 1試合6盗塁の日本記録保持者
7.14 大沢 清 88歳 大沢啓二の兄。史上6人目の1000本安打達成者 37-48名古屋・中部日本・中日 49東急 50-51大洋 52-54広島
7.23 相馬 和夫 78歳 元ヤクルト球団社長 -
7.25 道仏 訓 83歳 元パリーグ審判部長 -
8.13 神田 順治 90歳 元野球規則委員会委員長 -
9.6 宮下 信明 81歳 通算39勝。近藤貞雄を中日に誘った。 41-42黒鷲・大和 44-47巨人 48-54中日・名古屋・中日
10.12 浅野 憲一  52歳    72-76阪神
10.14 小野 賢二 69歳 元西武ライオンズ球団社長
11.7 今津 光男 67歳
11.14 小山 昭治 45歳
11.16 常見 昇 77歳
12.9 馬場 長彦 66歳 元野球体育博物館主事 -
12.15 仰木 彬 70歳
不明 家村 相太郎 88歳 東京セネタース二代目四番打者。引退後は天理・川越高校を甲子園に導いた 36-40.46セネタース
2006年 現役時代の所属球団
1.2 近藤 貞雄 80歳
1.23 高木 時夫 68歳 中日・阪神の元スカウト
2.9 藤田 元司 74歳
02.09 山野井 萬 99歳 甲陽学院1923年夏の甲子園優勝メンバー。後に同校の監督に就任し春夏10回出場 -
3.16 石原 照夫 76歳 元ロッテ球団社長 56-60東映
04.16 三宅 宅三 85歳 毎日創設メンバー。スカウト時代には落合を発掘した。 50-57毎日
4.25 川崎 徳次 84歳 通算188勝。西鉄創設期のエース。 40-42南海46-49巨人50-57西鉄
5.5 上本 孝一 43歳 セリーグ審判員
5.8 竹元 勝雄 79歳 元セリーグ審判員
5.18 相沢 進 75歳
6.20 宮本 四郎 54歳 横浜のスカウト
7.13 宮田 征典 66歳
7.18 牧野 直隆 95歳 元高野連会長
7.19 田口 周 73歳 日大三高62年春準優勝監督。元ヤクルト二軍監督・球団社長
7.24 堀井 数男 82歳 戦中〜戦後にかけての南海の中心選手。通算1503本安打
7.29 長谷川 良平 76歳 広島黎明期の大エース。 50-63広島
7.31 高橋 明 64歳
8.31 東谷 夏樹 76歳
 09.14  奥田 敏輝 57歳   1軍では活躍できなかったが2軍では最多勝を獲得。 67-72阪神 
9.23 梶本 隆夫 71歳 通算254勝。新人で20勝を記録 54-73阪急
09.29 田中 久幸 59歳 96年夏に熊本工を準優勝に導く。元阪神秀太の父 -
10.27 ジョー・ニークロ 61歳 221勝のナックルボーラー。兄フィルとの勝利数合計539兄弟では史上最多
10.29 サイラス・シモンズ 111歳 ニグロリーグの選手。プロ野球史上最高齢
11.13 西村 進一 86歳 引退後は平安高校の監督に就任。51年に夏の甲子園で優勝に導いた。 39-42名古屋
2007年 現役時代の所属球団
1.5 松川 博爾 80歳
1.12 五井 孝蔵 81歳
2.18 松田 清 76歳 シーズン19連勝のセリーグ記録保持者。51年新人王 49-55巨人56-61国鉄
3.12 山下 浩二 51歳
3.22 菅野 光夫 54歳
5.21 野口 二郎 87歳 プロ野球史上2人目の40勝投手。甲子園優勝投手では最多の237勝。 39-43セネタース・翼・大洋・西鉄 46-54阪急
5.26 伊藤 勲 65歳
6.4 ボイヤー 70歳
6.9 関口 清治 81歳 西鉄流線型打線の5番打者。最後の大正生まれ、1リーグ時代プレイヤー 48巨人 50-61西日本・西鉄 62-63近鉄
6.14 鈴木 悳夫 66歳
6.17 樋笠 一夫 87歳 プロ野球史上初の代打逆転サヨナラ満塁ホームラン
6.25 河西 俊雄 87歳
7.6 蔦 行雄 69歳
8.9 高橋 栄一郎 71歳
8.15 酒井 敏明 73歳
8.17 黒田 一博 82歳 元広島のエース黒田博樹の父 49-53南海54-55高橋・トンボ56大映
8.25 渡辺 秀武 65歳
9.29 上福 元勤 41歳
10.2 大津 守 76歳 西鉄初優勝時の中心投手。55年にはノーヒットノーランを達成 50-57西鉄 58-63近鉄
11.13 稲尾 和久 70歳 3年連続30勝。61年は言うまでもなし 56-69西鉄
12.12  滝照 清正 71歳?   55大洋 
12.14 花井 悠 75歳
12.15 島野 育夫 63歳
12.15 井上 忠行 72歳
12.23 藤井 道夫 85歳
宮下 正彦 46歳
08.?? 平古場 昭二 79歳? 1946年夏の甲子園優勝投手。後にパリーグ審判を務めた -
12.?? 中村 益章  57歳    69西鉄 71-72巨人 
2008年 現役時代の所属球団
1.17 林 義一 87歳 パ初のノーヒットノーラン達成者。スタルヒンが衰えた後の大映のエース 大映-阪急
1.21 加藤 博一 56歳 スーパーカートリオの一人。プロ在籍20年 西鉄-太平洋-阪神-大洋
1.25 田沢 芳夫 71歳 規定投球回未満ながら56年には199回を投げて防御率1.81、15勝をマーク 南海
2.14 瀬野 浄 73歳  アマチュア時代には都市対抗に出場  55-57国鉄 
2.28 江藤 慎一 70歳 両リーグ首位打者。AS出場11回。 中日-ロッテ-大洋-太平洋-ロッテ
3.23 金子 家基 95歳 セリーグ元事務局長 -
4.14 森中 千香良 68歳 63年最高勝率。通算114勝 南海-大洋-東映-日拓-日ハム-大洋
 4.23 橋本 敬包  70歳   広島時代は中継ぎで活躍。  55-59広島 60-61南海
5.25 ジェレミー・ゴンザレス 33歳 メジャー通算30勝 巨人
06.09  木下 強三  71歳  現役時代は外野手。引退後は二軍監督や寮長などを務め、広島一筋42年。  55-65広島 
6.10 櫟 信平 82歳 大学時代は3季連続首位打者。引退後はコーチ、スカウトなどを歴任 東急-阪神
06.30 ??池 均  62歳 元パ・リーグ審判員 
7.11 田中 俊幸 67歳 元セリーグ審判部長 59-60南海
7.15 石田 文樹 41歳 84年夏の甲子園「エースで四番」としてKKコンビを破り優勝 横浜大洋
08.31  新田 道郎  75歳  珍しい中卒選手。 54-55近鉄 
9.3 児玉 利一 89歳 54年中日日本一時の四番打者 名古屋-中日-大洋
9.11 奥井 成一 82歳 大阪タイガース球団史執筆者の一人。 大阪
9.16 北角 富士雄 61歳 ルーキーイヤーの防御率は1.17 中日
9.26 岩本 義行 96歳 南海創設メンバー。03年からは球界最年長だった 38秋,40-42南海 49-51大陽・松竹 52-53大洋・洋松 56-57東映
10.20 ルーツ 83歳 元広島監督 -
10.26 大島 武  85歳  2年間で59試合出場 42-43タイガース 
11. 4 鬼頭 政一 88歳 クラウンライター監督。兄は首位打者の鬼頭数雄 名古屋-ライオン-朝日-西鉄-近鉄
11.14 大塚 弥寿男 65歳 オリオンズ初代ドラ1 東京-ロッテ
11.??  谷下 和人  40歳 85年ドラフト4位  86-90広島 
12.13 中田 金一  87歳  38春甲子園出場。40年には外野のレギュラー  39-41,48-50タイガース
12.25 多田羅  敏彦 66歳 坂出商出身。背番号は42 61-65東映 
2009年 現役時代の所属球団
01.04 倉橋 孝治 72歳 ポジションは捕手。 56高橋
01.26 今泉 幸雄  71歳 高校に在学しながらプロ選手。引退後に日大進学。  54-56高橋・トンボ・高橋 
2.2 山内 一弘 76歳 史上2人目の2000本安打達成者。史上初の300本塁打 52-63毎日大毎 64-67阪神 68-70広島
2.5 児玉 弘義 66歳 近鉄一筋12年 近鉄
02.08 岡村 孝雄 89歳  広島カープ創設メンバー 48-49阪急 50広島 
2.13 田村 大五 73歳 白球の視点・プロ野球人国記の著者 -
3.5 山根 俊英 81歳 毎日創設メンバー。多球団で投手コーチを歴任。大洋・台湾では監督も 毎日-大毎
3.27 杉山 悟 83歳 52年本塁打王。54年打点王。54年中日日本一メンバー 中日-国鉄-近鉄
3.29 中西 勝己 73歳 二桁勝利3回。60年大毎優勝時には防御率3位 毎日-大毎-東京
04.10 鈴木 征夫 67歳 通算12試合出場。 60-62西鉄 
05.08 ドム・ディマジオ 92歳 ジョー・ディマジオの弟。レッドソックスの連続試合安打34の記録を持つ 40-53レッドソックス
05.10

笠原 正行

75歳 巨人、大映でプレーし、プロ野球通算11勝12敗 52-55巨人 56東映
05.17

宇佐美 徹也

76歳 元日本野球機構データ本部室長。プロ野球記録大鑑他著書多数 -
05.23 西垣 一 73歳 現役引退後は日本新薬で3度都市対抗に出場 54-57大阪
05.24 大野 博子 59歳 元プロ野球近鉄職員、場内アナウンサー -
06.01 伊香 輝男 75歳 66年には84試合出場して全て代打という記録を作った。後に近鉄コーチ 57-70近鉄
06.11 西尾 裕 72歳  元八幡大(現・九州国際大)監督。  55-57南海 
06.22 和田 博実 72歳 西鉄黄金時代の正捕手。68年にはサイクル安打達成 55-72西鉄
07.30 野崎 泰一 86歳 現役時代は二桁勝利2回。引退後は広島で球団代表などを務めた 46-50阪神 51東急 52-53広島
08.14 難波 昭二郎 74歳 大学時代、東の長島・西の難波と称された強打者。 58-61巨人 62西鉄
08.25 上山 善紀 94歳 81年から近鉄オーナー代行、89年から98年は近鉄オーナーを務めた
09.05 高林 恒夫 71歳 ルーキー時代119試合出場し無失策。引退後は家業の古書店を経営。 61-62巨人 63-65国鉄・サンケイ
09.11 若宮 誠一 83歳 元高松商業監督。60年には選抜優勝 -
09.18 隈部 一郎  89歳  通算24試合出場。 40-42巨人
09.21 高橋 広幸 63歳 元ダイエー球団社長 -
09.25 土井 正三 67歳 V9時代の正二塁手 65-78巨人
10.01 清水 賢 77?歳 米子東高準優勝メンバー 61-62東映
10.11 土岐 道雄 74歳 通算2試合登板。 54-59巨人
10.31 今泉 勝義 83歳 数少ない巨人軍背番号14着用者 44-46巨人
11.03 三村 敏之 61歳 広島黄金時代の遊撃手。広島の監督も努めた 87-83広島
11.03  上地 英満 59歳  沖縄県史上3人目のプロ野球選手  69アトムズ 
11.16 中田 昌宏 74歳 阪急黄金期前の四番打者。61年の本塁打王 57-68阪急
11.27 根来 広光 73歳 国鉄時代は金田正一とバッテリーを組む。64年には8打席連続安打を記録。 57-66国鉄・サンケイ 67-68阪急
12.08 山口 八壽男 80歳 徳島商業選抜優勝時の正捕手 -
12.09 吉村 茂夫 91歳 元南海ホークスオーナー -
12.20 末松 英二  73歳  ポジションは投手。 56-59東映 
12.21 中村 修一郎  74歳 松商学園時代に甲子園出場(52夏、53夏)。  59-63国鉄 
12.24 田中 充  69歳 ポジションは外野手 63巨人 
12.31 蔵本 忠温 80歳 徳島商業選抜優勝時のエース -
2010年 現役時代の所属球団
01.13 武田 五郎 87歳 元大洋球団社長 -
01.15 武宮 敏明 88歳 54年から87年まで巨人の寮長を務めた。熊本工業では川上哲治の2学年下 47-52巨人
01.17 小林 繁 57歳 沢村賞2回受賞。76年の日本シリーズ登板数6はシリーズ記録 72-78巨人 79-83阪神
01.31 嵯峨野 昇  67歳 通算1試合出場  66-68東京 
02.06 小瀬 浩之 24歳 2009年の成績は78試合に出場して.303だった 08-09オリックス
02.?? 寺本 哲治  80歳  通算34試合出場 49-54巨人
03.01 高橋 重行 64歳 64年新人王。通算121勝をあげた 62-80大洋
03.09 ウィリー・デービス 69歳 メジャー通算2561本安打。中日では満塁ランニング本塁打を記録 77中日 78クラウン
03.16 前川 八郎 97歳 巨人黎明期の主力選手。2009年には始球式にも登場 36-38秋巨人 46阪急
03.17 三村 勲 86歳 小鶴誠・金山次郎と共に赤嶺と5球団を渡り歩いた。 46-47中部日本・中日 48急映 49大映 50-52松竹 53-55広島
03.25 富永 嘉郎  92歳  平安中時代甲子園に6回出場。南海創立メンバー 38秋,40-41,43-44南海 
03.25  潮 喬平 75歳  元日ハムトレーニングコーチ。メルボルン五輪短距離代表選手。 
03.27 相川 進 62歳 66年初打席初本塁打を記録 65-68中日 69-71近鉄
04.07 木村 拓也 37歳 投手以外全て守ったユーリティプレーヤー。今期から巨人でコーチを務めていた

91-94日本ハム 95-06広島 06-09巨人

04.16 一言 多十 88歳 46年セネタース開幕投手。珍名として有名。 46-48セネタース・東急・急映 50阪急
05.02 朝井 茂治 68歳 三宅秀史故障後の三塁手。64年優勝メンバー 60-67阪神 68-70広島
05.05 田宮 謙次郎 82歳 通算打率.297。山内一弘らとともに大毎ミサイル打線の中心メンバー 49-58タイガース 59-63大毎
05.06 ロビン・ロバーツ 83歳 メジャー通算286勝。野球殿堂入り投手。 48-61フィリーズ 62-65オリオールズ 65-66アストロズ 66カブス
05.08 島野 修 59歳 81年から17年にわたりブレービー・ネッピーのスーツアクターを務めた。 69-75巨人 76-78阪急
07.03

保谷 俊夫

62歳

2002年からオリックス寮長を務めていた。それ以前にもスコアラーなどを歴任。

67-73阪急

07.18

砂押 邦信

87歳

立大を20年ぶり優勝達成に導く。国鉄時代も球団を初のAクラスに導く

61-62.65国鉄・サンケイ(監督として)

07.27 本田 威志 72歳

引退後はマネージャーやスカウトを務める。

60-61大洋 62-64中日

 07.30 中前  健児 65歳 高校時代は県予選でノーヒットノーランを達成  64-66東京 
08.24 荒川 宗一 84歳 一年目からレギュラーで149試合に出場。早大黄金時代の選手 56高橋 57大映
10.07

大沢 啓二

78歳 現役時代は守備の名手。引退後は日ハムを優勝に導いた。

56-64南海 65ロッテ

10.20 トニー・ロイ 82歳 63年西鉄優勝メンバー。66年にはベストナイン 63-67西鉄 68近鉄
10.27 堀内 庄 75歳 56年から3年連続二桁勝利。56年には最高勝率に輝く 54-63巨人
10.31 伊熊 博一 62歳 中京商業春夏連覇時の主将。 67-73中日
11.04 スパーキー・アンダーソン 76歳 メジャー両リーグでワールドシリーズ制覇を果たした名将 70-78レッズ・79-95タイガース(監督)
11.20 高橋 勝  69歳  現役時代は捕手  61-64国鉄 

12.15

ボブ・フェラー

92歳

通算266勝の別名火の玉投手。1962年野球殿堂入り

36-41.45-56インディアンス

12.18

フィル・キャバレッタ

94歳

45年にはMVPにも輝いたカブス名選手。後にカブスの監督も努めている。

34-55カブス

2011年 現役時代の所属球団
01.09 小野 洋祐 67歳  ポジションは投手  62-63西鉄 
01.11 大村 節二 74歳 関西独立リーグの明石レンジャーズ球団代表 -
01.18 斎藤 勝博 66歳 川上監督時代初期の捕手。通算25試合出場。 62-67巨人
02.04 寺岡 孝 68歳 引退後は国内外様々な球団でコーチを務め、タイの野球代表監督も務めた。 65-69広島 70-72南海
02.23 鈴木 圭一郎  88歳 昭和20年台のフライヤーズ正捕手 46-56セネタース・東急・急映・東急・東映 
02.28 与那嶺 要 85歳 首位打者3回。通算打率は1年目以来1度も三割を切らなかった。 51-60巨人 61-62中日
03.08 国枝 利通 90歳 2リーグ分裂期の中日の二塁手。引退後はナゴヤ球場取締役などを務めた。 48-54名古屋・中日・名古屋
03.15 マーティー・マリオン 93歳 44年ナ・リーグMVP。オールスターには8年連続出場 40-50カージナルス 52-53ブラウンズ
03.30  河合 静夫 78歳 ポジションは捕手  55中日 
04.01 小渕 泰輔  76歳 64年は.306で打率5位。1960サイクルヒット達成。 57-60西鉄 61-63中日 64-69国鉄・サンケイ・アトムズ
04.03 矢部 祐一 64歳 68年ドラフト3位で入団。田村高校史上2人目のプロ野球選手 69-72巨人 73-74大洋
04.08 堀内 平一  76歳  詳細不明  大映 
04.10 山下 律夫 67歳 松山商で甲子園2回出場。通算103勝。 67-76大洋 77-81クラウン・西武 82南海
04.10 落合 勤一 63歳  通算25試合登板  66-70東映
04.15 レイ・ベルトイア 76歳 メジャーでは612試合に出場。後に阪神に入団 53-58タイガース59-61セネタース・ツインズ61アスレチックス62-63タイガース64阪神
04.21 成田 文男 64歳 昭和40年代のロッテのエース。通算175勝 65-79東京・ロッテ 80-82日本ハム
04.22 柳原 基 87歳 記録員として歴代最多の3585試合を担当。セリーグ記録部長も務めた -
05.13 工藤 正明  74歳  北海高4季連続甲子園出場の北海道記録を作った時代の中心選手。 55-59巨人
05.16 和中 史郎  56歳 17年間一軍出場なし。 63-78南海
05.17 ハーモン・キルブルー 74歳 通算573本塁打。野球殿堂入り 54-74ツインズ 75ロイヤルズ
05.25 ポール・スプリットオフ 54歳 ロイヤルズ史上最多の通算166勝をあげた 70-84ロイヤルズ
05.28 川田 幸夫 74歳 引退後は栃木県野球連盟理事長などを歴任 55-56トンボ
05.30 伊藤 四郎 78歳 56年にはユニオンズ史上最多の21勝を挙げる。引退後は南海スカウト 51-54名古屋・中日 55-56トンボ・高橋 57-59近鉄 60-61南海
06.17 森田 斌 76歳 引退後は大洋のコーチを務める 62-64大洋
06.26 吉原 三郎  75歳  練習生として1年在籍  55巨人 
06.28 渡辺 長助 54歳 現役時代は捕手。03年からはチーフスコアラーを務めていた 79-86阪神
07.07 ディック・ウィリアムズ 82歳 監督時代にワールドシリーズ二回制覇。野球殿堂入り アスレチックス他
07.21 拝藤 聖雄 79歳 プロでは通算1勝。引退後に積水化成品工業常務などを務めた 52-56近鉄
07.28 伊良部 秀輝 42歳 メジャーで2年連続二桁勝利を挙げるなど日米で活躍 88-96ロッテ97-99ヤンキース00-01エクスポズ02レンジャーズ03-04阪神
07.20 伊藤 利夫 89歳 50年近鉄創設メンバー引退後は岐阜高校を2回甲子園に導いた 50-51近鉄 52阪急
07.28 板倉 正男  84歳 千葉商時代甲子園出場(40夏)。国民野球連盟出身者。 48-53・金星大映 54高橋 
08.06 浅越 桂一 75歳 主に二塁手・外野手として通算318試合出場。引退後は阪神管理部次長 55-65阪神
08.08 河野 昭修 80歳 西鉄黄金時代の正一塁手。引退後は西鉄コーチ 50-59西鉄
08.09 平光 清 73歳 元セ・リーグ審判部副部長。通算3061試合出場 -
08.15 正力 亨 92歳 読売巨人軍名誉オーナー。正力松太郎の息子 -
08.24 マイク・フラナガン 50歳 1979年のサイ・ヤング賞投手。通算167勝 75-87オリオールズ 87-90ブルージェイズ 91-92オリオールズ
08.29 大悟法 久志 64歳 甲子園春夏通算9回出場。94年夏には柳ヶ浦高をベスト4に導く -
09.02 金井 義明 79歳 93年から01年までコミッショナー事務局長を務めた -
09.02 吉国 一郎 95歳 第9代コミッショナーとして逆指名制度やFA制度を導入 -
09.13 久万 俊二郎 90歳 84年から04年までの阪神球団オーナー -
10.03 西園寺 昭夫  73歳 通算1413試合出場。オールスター2回出場。 57-66東映 67-68阪神 68-70アトムズ
10.09 小島 昌也 26歳 高校時代通算51本塁打。プロではオリックス・楽天に所属 04オリックス 05-06楽天
10.22 大熊 伸行  69歳 通算10試合登板。 61-65巨人 66西鉄
11.03 マティ・アルー 72歳 メジャー通算1777安打。日本では太平洋でプレー 74-76太平洋他
11.25 西本 幸雄 91歳 リーグ優勝8度の名監督 50-55毎日
11.30 伊藤 光四郎 74歳 西鉄では外野手としてリーグ優勝に貢献。引退後は西鉄コーチ 56-61阪神 62-70西鉄
12.09 松園 直巳 89歳 ヤクルト第三代オーナー -
12.13 片山 嘉視 80歳  済々黌では50夏の甲子園に遊撃手で出場。  55-56阪急 
2012年 現役時代の所属球団
01.16 堀本 律雄 76歳 60年に新人としては2リーグ制後歴代2位の29勝を上げ沢村賞 60-64巨人 63-65ロッテ
01.27 岩井 靖 81歳 オリックス二連覇時の球団社長 -
02.01 大谷 泰司 80歳 元セ・リーグ審判。通算2165試合出場 -
02.16 ゲーリー・カーター 57歳 シルバースラッガー賞5回の強打の捕手。03年野球殿堂入り 74-84MON 85-89NYM 90SF 91LAD 92MON
02.22 河村 保彦 71歳 63年に19勝を挙げるなど通算74勝。93年にはコーチとしてヤクルトの日本一に貢献 59-67中日 68-71サンケイ・アトムズ・ヤクルト
02.23 田中 美一 74歳 高校野球審判。96夏決勝「奇跡のバックホーム」時の主審 -
02.27 服部 力 88歳 近鉄創設メンバー。引退後は日本野球連盟参与などを歴任 50-51近鉄
03.04 東出 康博 61歳 高校時代は星林で松井優典人ともに甲子園に出場し16強。引退後はコミッショナー入り 69-72南海
03.05 上沼 秀人 86歳  軟式出身投手  51-52タイガース
03.14 榎本 喜八 75歳 新人でリーグ最多四球を受けた天才打者。NPB最年少2000本安打達成者 55-71毎日・大毎・東京・ロッテ 72西鉄
03.23 会田 豊彦 74歳 東都大学リーグ首位打者。引退後は新聞記者 60-64中日
04.03 滝 正男 90歳 中京商の37夏・38春甲子園優勝メンバー。監督としても54夏・56春に甲子園優勝 -
04.17 相田 暢一 90歳 元六大学野球連盟理事。46年秋には監督として早大を優勝に導く -
04.17 小野坂 清 69歳 大鉄高時代は甲子園出場2回。引退後は近鉄球団広報部 64-71近鉄
04.17 スタン・ジョンソン 75歳 大洋では96試合に出場して5本塁打29打点 60CHW 61KCA 69大洋
05.05 井上 登 77歳 54年中日日本一メンバー。55年から4年連続ベストナイン 53-61名古屋・中日 62-66南海 67中日
05.16 サッド・ティロットソン 71歳 MLBではNYY、NPBでは南海に所属 67-68NYY 71南海
05.23 沖山 光利 79歳 60年大洋日本一メンバー。引退後は大洋のコーチを長く務めた 56-60大洋
06.10 島津 雅男  98歳 1931夏早稲田実業甲子園出場時のエース投手。初出場の吉田正男のいた中京商に敗れる。後に学習院大監督。 -
07.25 瀬在 文三 77歳  ポジションは投手  54-56中日 
08.01 駒田 桂二 86歳 打者として、投手として幻のホームランを経験。 49-56タイガース 
08.11 稲葉 光雄 63歳 通算104勝。77年には最高勝率。 71-76中日 77-83阪急 84阪神
08.13 祓川 正敏 73歳  59年18勝をあげ、南海優勝に貢献。  57-62南海 
08.15 早瀬 方禧 72歳 67年阪急初優勝時のレギュラー 63-69阪急 70-72広島
09.13 ジャック・ピアース 64歳 メキシカンリーグでは本塁打王。日本では南海に所属 77南海
09.15 瀬古 和男 90歳 82-87年に日本ハム球団社長を務めた -
09.18 橋本 実 64歳 元水戸商・水城高校監督。春夏通算9度甲子園出場。99春には水戸商で準優勝 -
09.22 荻島 秀夫 88歳 国鉄創設メンバー 49大陽 50国鉄
11.25 高木 喬 73歳 近鉄暗黒期の一塁手。65年ベストナイン 63-67近鉄 68-73西鉄・太平洋
12.09 川島 広守 90歳 第10代コミッショナー -
12.15 戸部 良也 78歳 遥かなる甲子園著者 -
12.24 山本 隆造 56歳 1983年から2010年までプロ野球審判員。通算2375試合出場 78-82クラウン・西武
2013年 現役時代の所属球団
01.02 高野 裕良 88歳 大洋ホエールズ創設メンバーで初代エース。シーズン被安打のセリーグ記録保持者 46-47巨人 48-49金星・大映 50-56大洋・洋松
01.06 チョ・ソンミン 39歳 90年代後半の巨人投手。98年にはAS出場 97-02巨人
01.08 古角 俊郎 91歳 海草中の39年夏甲子園優勝メンバー最後の生き残り。後に新宮高を6回甲子園に導く -
01.15 荒砂 任司 77歳 通算3試合登板 56-58阪急
01.17 長尾 旬 77歳  通算17試合登板  53-55タイガース 56-57近鉄 
01.19 スタン・ミュージアル 92歳 MVP3回首位打者7回。STL初の永久欠番 41-44,46-63STL
01.19 アール・ウィーバー 82歳 元オリオールズ監督。70年WS制覇。リーグ優勝4回 68-82,85-86BOL(監督)
01.26 中原 一三  76歳 ポジションは外野手。  55-56東映 
02.02 大下 正忠 62歳 68春センバツ出場。68年ドラフト7位で巨人入団 69-70巨人
02.04 笹川 正章 79歳 前橋工出身  54洋松 
03.05 飯盛 節一 80歳  浦和高二部中退 53広島 
03.16 ヤディエル・ペドロソ 26歳 WBCに2回出場したキューバ球界の選手。第1回WBCでは日本戦にも登板 HAB2004・2005-2010・2011 ART2011・2012-2012・2013
03.23 萩原 宏久 68歳 71年選抜に日大三高を優勝へ導く。その後はトレーナーとして30年活躍。 -
03.30 ボブ・ターリー 82歳 58年のサイヤング賞投手。通算101勝 51-54SLB・BAL 55-62NYY 63TOT 63LAA 63BOS
04.02 平田英之 58歳 引退後は巨人打撃投手に就任 77-78広島 79-81ロッテ
04.12 大友 工 88歳 巨人第二次黄金時代のエース投手。53年には投手3冠 49-59巨人 60近鉄
04.24 一色 俊作 75歳 69年夏に松山商業を優勝に導く。90年には新田で選抜準優勝 -
04.24 長谷川 一夫 68歳 70年代ロッテの外野手73年オールスター出場 63-76大毎・東京・ロッテ 77-81クラウン・西武
04.28 大脇 照夫 83歳 史上24人目のノーヒッター。弱小国鉄を金田と共に支えた 52-58国鉄
04.28 アニマル・レスリー 54歳 派手なパフォーマンスで人気だった投手。引退後はタレント 86-87阪急
04.28 河野 允生 73歳 元桐蔭高校監督。86夏に桐蔭を25年ぶりの甲子園に導く -
04.29 内藤 博文 82歳 千葉茂後の正二塁手。引退後は20年近くコーチや二軍監督を務めた 48-58巨人 59-61近鉄
05.03 浜口 新一  85歳  元パ・リーグ審判 
05.13 関本 哲男 78歳 元読売巨人軍取締役代表補佐 -
05.20 山崎 弘美 80歳 引退後92年までマネジャーやスカウト、営業部長などを歴任 51-60巨人
06.01 森 啓輔 1935生 ポジションは外野手  54-55西鉄 
06.01 栗本 光明 78歳  引退後はロッテコーチ 61-67大毎・東京
06.02 相馬 勝也 50歳 引退後は一軍バッテリーコーチなどを歴任 82-93西武
06.13 尾崎行雄 68歳 61年夏の甲子園優勝投手。1年目にシーズン20勝。4年目に最多勝 62-73東映・日拓
06.22 渡辺 誠太郎 91歳 46年タイガース開幕投手 41-43,46-47阪神・タイガース 48-50大陽・松竹 51大洋
06.26 ジャスティン・ミラー 35歳 マーリンズで中継ぎとして活躍。日本では千葉に在籍 02,04-05TOR 06ロッテ 07-08FLA 09SF 10LAD
07.01 武智 文雄 86歳 史上二人目の完全試合達成者。54年最多勝 50-62近鉄
07.03 倉島 今朝徳 73歳 元ヤクルト球団専務 64-69国鉄・サンケイ・アトムズ
07.05 佐々木 元次  81歳  法政大出身・ポジションは捕手。 55-56中日 
07.15 石井 晶 73歳 ウェスタンリーグ最高打率保持者。阪急黄金時代初期の外野手 60-71阪急
07.27 葛城 隆雄 76歳 58,59年の2年連続打点王。通算1745安打  55-63毎日・大毎 64-69中日 70阪神 
08.11 高松 秀恒 64歳 喫茶店のボーイからプロ選手に。 72-74大洋
08.16 塩村 典司  79歳  通算28試合出場。  56-57近鉄 
08.24 土橋 正幸 77歳 東映初優勝時のエース。61年30勝 55-67東映
08.28 五十嵐 辰馬 83歳 二リーグ分裂期の巨人選手。強豪門司鉄道局出身 49-50巨人
09.16 在原 兵次  77歳  関東高(現・千葉敬愛)出身  62-63大洋 
09.28 堀 新助 94歳 97-90年のパ・リーグ会長 -
10.03 ボブ・チャンス 73歳 日本ではアトムズでプレー。69年には規定不足ながら.320 63-64CLE 65-67WSA 68CAL 69-70アトムズ・ヤクルト
10.08 アンディ・パフコ 92歳 通算1796本安打。57年ブレーブスシリーズ制覇時メンバー 43-51CHC 51-52BRO 53-59MLN
10.28 川上 哲治 93歳 長島登場以前のプロ野球最高打者 38春-42,46-58巨人
11.04 根來 泰周 81歳 第11代コミッショナー -
11.12 干場 一夫  89歳  50年には191.2回を投げて10勝。 50-52大阪
11.26 桝 重正 72歳 兵庫工では50春の甲子園に出場。プロ引退後は兵庫工監督に就任し58春に出場。 51-52巨人 53-55大洋松竹・洋松・大洋
12.06 三浦 第三 73歳 元秋田商・明桜高監督。秋田商では3季連続甲子園出場 -
12.23  金村 勝利 69歳 ポジションは投手 68西鉄
12.25 平野 国造 66歳 鳥栖西高監督。春1回夏2回甲子園に出場 -
12.30 豊倉 一 86歳 01年から08年までのセリーグ会長 -
2014年 現役時代の所属球団
01.02 井上 安雄 82歳 56年東映移籍後は背番号1 53-55巨人 56東映
01.10 水沢 薫 48歳 引退後は巨人コーチ・運営部を歴任 87-92巨人
01.14 種田 訓久 82歳 初安打先頭打者ホームランを達成。岡本伊三美とは高校・南海でチームメイト 49-50.52-54南海 55-56東映
01.25 河野 旭輝 79歳 56年に85盗塁し、当時の日本記録を樹立。盗塁王3回 54-60阪急 61-63中日 64-66阪急 67西鉄
01.28 坂崎 一彦 76歳 浪商時代には56年選抜優勝。巨人ではB9を受賞 56-64巨人 65-67東映
02.06 森 徹 78歳 新人で23本塁打。翌59年には本塁打・打点の二冠に輝く 58-61中日 62-65大洋 66-68東京
02.06 ラルフ・カイナー 91歳 メジャーデビューから7年連続本塁打王。野球殿堂入り 46-53PIH 53-54CHC 55CLE
02.12 渡辺 麿史 57歳 引退後は中日スカウト 78-82近鉄
03.06 フランク・ジョーブ 88歳 トミー・ジョン手術の考案者 -
03.12 吉田 加寿男 81歳 元選抜高校野球大会審判員(38回〜58回大会) -
04.23 コンラッド・マレーロ 102歳 当時最高齢のプロ野球選手。 50-54WHS
04.25 山本 格也 80歳 ポジションは捕手 56-59毎日・大毎
05.13 古田 忠士 68歳 早鞆高では64夏準優勝 65-76大洋
05.20 橋本 勝麿 73歳 58夏甲府商初の甲子園出場メンバー 59大洋
05.29 原 貢 79歳 65夏三池工・70夏東海大相模優勝監督。 -
06.04 ドン・ジマー 83歳 日本では東映でプレー。監督としてはカブスを地区優勝に導く。 54-59BRO・LAD 60-61CHC 62NYM 62CIN 63LAD 63-65WHS 66東映
06.09 金藤 晃裕 55歳 元大体大浪商監督。02年選抜出場。 -
06.10 小林 英幸 74歳 62年には109試合出場 59-64中日
06.22 斎藤 誠二 72歳 ポジションは投手 61巨人
07.02 川内 八洲男 70歳 71年には43試合登板し7勝。 64-70近鉄 71-73中日
07.06 黒木 基康 78歳 60年大洋日本一メンバー 60-66大洋
07.14 古谷 武夫 93歳 平安中(現・龍谷大平安)初優勝時の二塁手。 46-47巨人
07.17 松岡 雅俊 81歳 高松一高では中西太と共に3度甲子園出場。56年に新人歴代2位の152試合に出場 56-61東映
07.17 菊地 秀之 73歳 東北高時代57春、58夏に甲子園出場 59-62西鉄
07.31 塩崎 正人 83歳 赤穂市初のプロ野球選手。 48-51巨人
08.09 中井 康之 60歳 72年巨人ドラフト1位。79年初打席初本塁打。 73-84巨人
09.02 上甲 正典 67歳 88春宇和島東、04春済美を初出場初優勝に導く。 -
09.13 フランク・トーリ 82歳 57年MLNワールドシリーズ制覇メンバー 56-60MLN, 62-63PHI
09.26 香川 伸行 52歳 79春浪商準優勝メンバー。83年ベストナイン 80-89南海・ダイエー
11.02 橋本 匡博 81歳 ポジションは投手 51-52名古屋
11.13 アルヴィン・ダーク 92歳 74年アスレチックスワールドシリーズ制覇監督。通算2089安打 46-49BSN 50-56NYG 56-58STL 58-59CHC 60PHI 60MLN
11.14 秦野 譲二 80歳 山口県野球連盟理事長。52春下関商甲子園出場メンバー(正捕手) -
11.20 矢野 清 74歳 シーズンサヨナラ本塁打歴代2位。引退後はオリックス球団本部長 59-70阪急
11.28 吉沢 敏雄 64歳 68春大宮工優勝投手。 -
12.30 青木 稔 80歳 通算18試合登板 55-57巨人 58近鉄 59-60広島
2015年 現役時代の所属球団
01.08 初岡 榮治 84歳 国鉄創設メンバー 50-55国鉄
01.18 岩下 守道 83歳 巨人時代は川上の控え。国鉄ではレギュラー 49-58巨人 59-60国鉄 61-62近鉄
01.18 大豊 泰昭 51歳 94年二冠王。通算277本塁打。 89-97中日 98-00阪神 01-02中日
01.21 井本 隆 64歳 近鉄初優勝時のエース。 73-84近鉄
02.11 松橋 義喜 81歳 引退後はセリーグ審判。長島引退試合では球審 52阪急 53-56国鉄
03.20 木村 由夫 91歳 現役時代は捕手。 43巨人
04.01 安原 達佳 79歳 通算56勝。二桁勝利4回。 54-63巨人
04.02 西村 俊二 68歳 近鉄の内野手。通算845試合出場 70-80近鉄
04.06 稲垣 正夫 79歳 千葉大出身。通算535試合出場。 57-64東映
05.22 宮崎 剛 96歳 47年秋国民リーグ首位打者。引退後は大洋でコーチや監督を長く務めた。 40-41,46タイガース 47レッドソックス(国民リーグ) 48-49阪急 50-55大洋・洋松・大洋
05.25 坂井 孝四郎 79歳 ポジションは投手。 55南海
05.26 富田 勝 68歳 史上二人目の全球団から本塁打達成者。通算1303試合出場。 69-72南海 73-75巨人 76-80日本ハム 81-82中日
06.15 切通 猛 71歳 76年ウエスタン・リーグ本塁打王。77年には74試合に出場し.279 69-75阪急 76-78阪神
07.08 宮脇 敏 63歳 丸亀商時代控え投手として69春の甲子園に出場 72-73ロッテ 74-78広島
07.08 白坂 長栄 92歳 オールスター4回出場。 48-59タイガース
07.14 高橋 一三 69歳 巨人V9時代の左のエース。81年日本ハム優勝にも貢献。沢村賞2回。 65-75巨人 76-83日本ハム
08.03 西村 貞朗 80歳 西鉄初優勝時のエース。54年最高勝率。58年完全試合達成者 53-62西鉄
08.15 伊藤 菊雄 79歳 巨人元スカウト。西本聖・駒田徳広・桑田真澄らを獲得 -
09.07 備前 喜夫 81歳 広島草創期の主力投手。通算115勝。 52-62広島
09.20 松原 徹 58歳 プロ野球選手会事務局長。
09.23 中村 勝広 66歳 元阪神・オリックス監督・阪神GM。現役時代は二塁手 72-82阪神
09.27 石井 連蔵 83歳 早慶六連戦時の早大監督。 -
10.16 盛田 幸妃 45歳 脳腫瘍から復活し01年カムバック賞。92年最優秀防御率 88-97大洋・横浜 98-02近鉄
10.30 吉成 昭三 70歳 数少ない両投げ投手。 64-65巨人
11.10 安井 鍵太郎 97歳 戦中・戦後期の南海・阪急の選手。 41,46南海・グレートリング 47-48阪急
2016年 現役時代の所属球団
01.02 東田 正義 70歳 通算123本塁打。71年には23本塁打。 68-74西鉄・太平洋 75日本ハム 76-77阪神
01.04 矢形 勝洋 81歳 引退後は阪急球団常務。 58-60阪急
01.07 前田 祐吉 85歳 早慶六連戦時の慶大監督。 -
01.07 安達 智次郎 41歳 92年阪神ドラフト1位 93-99阪神
01.08 宮川孝雄 79歳 通算代打安打記録保持者。 60-74広島
02.05 松尾 俊治 91歳 最後の早慶戦時の慶大控え捕手。戦後は野球史関連の著書・著述多数。元日本野球連盟参与。 -
02.09 井坂 興 74歳 62年巨人に入団。 62巨人
02.09 平田 恒男 60歳 岐阜中京商出身。中日でプレー 79-85中日
02.16 末吉 俊信 89歳 早稲田大では歴代3位の通算44勝。 52-54毎日
02.19 江崎 昭雄 81歳 51春愛知中京商で甲子園出場。60年には186回投げて6勝。引退後は中日でスコアラーや2軍コーチ。 57-59毎日・大毎 60-62近鉄 63中日
03.09 吉田 勝豊 80歳 東映初優勝メンバー。オールスター3回、B91回。 57-64東映 65-67巨人 68-69西鉄
03.13 達磨 省一 79歳 星稜対箕島延長18回の三塁塁審。後に高校野球解説 -
03.24 宮崎 一夫 84歳 現役時代は投手。引退後は都市対抗に出場後、札幌第一高監督。 52-55毎日 56高橋
03.27 三浦 清弘 77歳 132勝、2280投球回。65年最優秀防御率 57-72南海 73-75太平洋
04.19 ミルト・パパス 76歳 MLB通算209勝。72年ノーヒットノーラン 57-65BAL 66-68CIN 68-70ATL 70-73CHC
04.23 山本 功児 64歳 元ロッテ監督。ダイヤモンドクラブ賞2回。 76-83巨人 84-88ロッテ
05.09 秋本 祐作 80歳 58年最高勝率。実働18年。引退後はプロゴルファー。 56-68阪急 69-71広島 72-73巨人
05.13 工藤 幹夫 55歳 81年日本ハム優勝メンバー。82年20勝で最多勝と最高勝率。 79-86,88日本ハム
05.22 仁木 安 90歳 引退後は松下電器監督。 43-44阪急 44朝日 49-51阪急
05.30 後藤 次男 92歳 39春夏41春甲子園出場。阪神入団後は1年目から全試合出場。引退後は阪神監督。 48-57タイガース
07.16 大場 隆広 68歳 66年ドラフト1位。引退後は南海でコーチ。 67-70中日 71-75近鉄 76-77南海

未確認情報
氏名 没年月日 確認済み 未確認
川村徳久 1944 タカラヅカ☆キラキラ人脈様
山脇正治 1959.12.24 Wikipedia 『朝日新聞』1959年12月25日朝刊10頁「山脇正治氏死去」
岡本利之 1969.12.30 Wikipedia  
沢東洋男 1971.03.11

Wikipedia

 
黒田健吾 1979 Wikipedia・ガタピシ野郎の独り言様
桝嘉一 1981.12.18 Wikipedia・ドラおた様 中日球団史
森井茂 1987.04.11 Wikipedia 東京中日スポーツ09.04.07付四面
島原幸雄 1995.01.06 mixi・Wikipedia 昭和の尋ね人―アウトサイダー列伝
三浦敏一 1997 野球の記録で話したい様
銭村健四 2000 Wikipedia 夢と希望のダイヤモンド
石田真 2003.9.26 Wikipedia  
大橋棣 2004.09.09 - 月刊タイガース2012年9月号
青木正一 2004.9

Wikipedia

 
多田文久三 2006.09.01 Wikipedia 日本プロ野球偉人伝 vol.2 
露崎元弥 2009.07.30 Wikipedia  
塚本博陸 2009.08.20 Wikipedia 阪神タイガース栄光の75年史
広岡富夫 2009.09.26 Wikipedia  
浜田義雄 2012.03.27 Wikipedia スポーツニッポン 2012年3月30日付
中村大成 2013.05.11 Wikipedia
塚本悦郎 2014.08.16 Wikipedia デイリースポーツ関西版2014年8月29日付4面
若生忠男 mixi  
 比留木 虎雄 長崎商業高等学校HP   
宮沢澄也 2008以前 wikipedia 毎日新聞2008年3月25日付夕刊記事「宣誓のセンバツ史(3)」

 

野球回廊

copyright (C) 2008-2012 teto All Right Reserved