×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第一回全国中等学校優勝野球大会大会要綱

大会綱領

一、本大会は野球着の本領を発揮するを持って目的とす

一、本大会は全国中等学校野球界の優勝権を決す

一、本大会は年一回本社別に定むる所に依りて参加校を選定し阪地において優勝試合を行ふ

一、第一回大会は大正四年八月十八日より向こふ五日間大阪市外豊中グランドにおいて挙行す

一、本大会の最優勝校に対しては本社特定の優勝旗を投与す

一、優勝旗は優勝受領校に於いて次回大会まで保管の責を任ず

一、本大会参加校の選手十一名に対しては参加記念賞を呈す

一、最優秀選手十一名に対しては本社特定の優勝賞牌を呈す

試合規則

一、審判は最終とす

一、審判は審判長、副審判長及び審判員若干を以ってこれを行ふ

一、試合番組は抽選を以って決す

一、抽選の結果相手方なきチームを勝者と看做す
   但一度び抽選に依りて勝者となりたる者は次回において抽選勝者たることを得ず相手方の棄権に依り不戦勝者となりたる場合また之に準ず

一、審判員に於て不正行為ありと認めたるチームは之を除外す

一、試合予定時刻は?行す
   但全開の試合終了せざる時は次回に移らず

一、出場選手は必ずユニホーム着用の上試合開始予定時刻より少なくとも三十分前に来場すべし

一、プレイヤーズ・ベンチに着席するものは選手十一名に限る

一、試合用球は荒目縫試合用二号ボールとし全部本社に於て之を提供す

一、ウイニングボールは之を勝者に与ふ

一、試合用球以外の器具は各自持参すべし

審判規定

一、審判は総て最近のリーグ・レギュレーションに準拠し特に定めたる条項及びグラウンド・ルールに拠って判決を下す

一、競技開始前において常該正審判員は試合両組に対し注意条項を説明す

一、審判に疑義の生じたるときは審判長之を決す

一、審判員は四人とす

一、直接審判の用語はすべて英語を用ふ

試合日時割

第一日(十八日)

第一回 午前八時開始

第二回 正午開始

第三回 午後三時開始


第二日(十九日)

第一回 午前九時開始

第二回 午後一時開始

之にて第一次予選を終る


第三日(二十日)

第一回 午前九時開始

第二回 午後一時開始

之にて第二次予選(一勝者試合)終る


第四日(二十一日)

第一回 午後二時開始

之にて第三次予選(ニ勝者試合)終る


第五日(二十二日)

優勝試合 午後一時開始


『第一回全国野球大会記録』(1915年)より

資料館

野球回廊

copyright (C) teto All Right Reserved